ゲームは時間を決めてやりましょう

そらです!
 
ゲームしたい。でも、フリーランスになるためにプログラミングの勉強もしたい
 
みんな(シェアハウスの人たち)と遊びたいけど、ゲームばかりしてたら時間がもったいない。。。
 
なんて、モヤモヤしている時に言われました。
 
時間決めてやったらいいんじゃない?
 
小中学生がお母さんによく言われているやつです←
 
今年で25歳になるボクですが、まさに求めていた解決策を得たのでシェアします

遊びも勉強もルールを決めれば良い

 
勉強をここまで終わらせたら、何時まで遊ぶと決めてしまいましょう
 
ゲームや遊びは悪いことではありません
 
ゲームや本気の遊びを発信している方にとってはインプットや、エンターテイメントを提供していることになります
 
ただ、ゲーム実況やYoutuberの方々のように、今現在アウトプットしているわけではなく、自身の娯楽のためであるならば、勉強と遊びのバランスを考える必要があります
 
ゲームの割合を減らして勉強をしろ!とは言っていません
 
バランスを考える必要があるだけで、やりたいことは基本的にやった方がいいと思います
 
1つに絞ろうとするのではなく、どちらも取れる選択肢やルールを作りましょう

ルールの作り方

ここで気をつけることは、「勉強を○時間する!」と決めないことです
 
2時間勉強する!と決めたとします。しかし、ただただ2時間机に向かっているだけでは何も身につきませんよね(実際座っているだけの人はいないとは思いますが)
 
なので勉強の場合は
  • 問題を○問解く
  • 模写コーディングをここまで終わらせる
といったように目標を決めると良いです
 
遊びの場合は逆に時間で決めます
 
「いい加減にしなさい!」とお母さんに言われるまでコントローラーを握りしめていたことはありませんか?
 
ボクを含め、多くの方が経験アリと思います 笑
 
ゲームや遊びはなかなか自分では止められません。楽しいので
 
しかし、誰もがわかっている通りだらだらと遊び続けることも、もちろんよくありません
 
徹夜でスマブラとか、深夜までカタンをするとか、そういった行動は次の日のパフォーマンスを下げるだけです
 
じゃあどうしたらいいのよ!という方は、
  • 始める前にタイマーをセットして、時間になったらテレビが消えるようにしておく
  • 一緒に遊ぶ人に1時間遊んだら寝るから!と宣言する
 
といったように、強制的に終われる方法を先に用意しておきましょう
 
繰り返しますが、遊びは時間で区切ることが大事です

まとめ

勉強や遊ぶ時間は決めてしまいましょう
 
ルールを決めておけば悩む必要がなくなります
 
ゲームしたいけど、勉強もしなきゃ
まぁでも少しくらいなら!
いやいや、やっぱり勉強を。。。
 
あーでもない、こーでもないと悩んでいる時間は非常にモッタイナイ!!
 
我慢しながら勉強しても身は入らないですし
 
バランスを考え、ルール作りをして、勉強も遊びも全力でいきましょう!!
 
 
そんな感じかな
 
おしまいっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です