洋式トイレの正しい使い方

洋式トイレの画像

そらです

 

男性諸君へ、

洋式トイレは座って使え~!!

 

いきなりこんなですみません

でも個室からボチャボチャ聞こえてくるといつも思うんですよね

座れよ。。。って(笑)

今日は、立って用を足すことのデメリットをお伝えします

 

デメリット1:床、壁が汚れる

男性は分かると思うのですが、はねてますよね?けっこうな勢いで

床や壁をよく見てみてください。

汚くありませんか?ガサガサして黄色い感じになっていませんか?

雑巾でもトイレクイックルでもいいです。今度は拭いてみてください

黄色いものが拭き取れていることにも気付けるでしょう

おさまるべきものが便器におさまっていない証拠です

デメリット2:自分にもはねてくる

床と壁が汚れているということは、もちろん自分にもはね返ってきてるわけです

バリアでも張っていれば別ですが、魔法界ではありません

足元、ズボンにもはね返ってきているんです

座ってことを済ませればいいものを、わざわざ汚す必要はありませんよね?

ボクが座るようになった理由

父はボクに立って用を足す方法を教えてくれました

立ってすることを覚えたボクは楽でしたが、ある日トイレから声が聞こえてきました

掃除する母の声が聞こえてきました

 

母「なんで立ってするかな~、汚れるじゃない」

 

ボクや父が立って用を足すことで壁、床を拭く手間を増やしているのでした

以来、ボクは座ってやるようにしています

そして、トイレを掃除するときは便器だけでなく床や壁も拭くようにしています

ホント、けっこう汚れてるからね(笑)

まとめ

便座の「座」は座るという意味です。洋式トイレは座って使いましょう

 

それに、座った方が床も壁も自分も汚れません(#^^#)

 

そんな感じっ

おしまい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です