元3等陸曹が自衛隊から転職して後悔していること【後悔しないためのポイントも解説】

後悔している男

こんにちは、元自衛官のそらです。

「自衛隊を辞めても後悔するだけ」

ボクが自衛隊を辞める前には、先輩や上司からはこんなことを聞いていました。

とはいえ、

  • 自衛隊を辞めた人はやっぱり後悔しているのだろうか?
  • 実際、その後どんな生活しているんだろう

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事では、自衛隊を辞めた人がどんな生活をしているのか?という疑問を

元3等陸曹、民間で働いて3年以上経つボクが解決します。

具体的には、

  • 自衛隊を辞めて後悔したこと
  • 転職する前にやっておけばよかったこと
  • あなたが転職で後悔しないためのポイント

の順番に紹介していきます。

3分くらいで読めますし、あなたの転職をより考えやすくする可能性が高いのでまずはご一読ください!

ボクが自衛隊から転職して後悔したこと

酒を持つ男

自衛隊から転職して後悔しているか、という部分ですが、結論から言うとまったく後悔していません

転職する前にやっておけばよかったと思うことは多少ありますが、辞めたこと自体は本当に後悔していませんね。

公務員と民間では違う部分もたくさんあるため、苦労する部分もありますが、大変なことも含めて楽しめています。

では、なぜ後悔がないのか。簡単に理由を説明していきます。

自衛隊にいる理由がなくなった

もともとは、ヘリコプターのパイロットを目指していました。

いまも同じ基準かは分かりませんが、ヘリパイになるには、裸眼視力が0.3以上必要になります。

当時のボクの視力は0.04。さすがに厳しいので、諦めました。

他に自衛隊の中でやりたいこともなく、むしろ興味は自衛隊の外に向いていました。

自衛隊以外にやってみたいことがあった

陸上自衛隊高等工科学校に行っていたため、当時のボクはアルバイトの経験もなく、自衛隊のことしか知りません。

そのため、自衛隊以外の職業には興味津々でした。

当時やってみたかったことは、

  • 営業
  • Webデザイナー(カタカナへのあこがれ)
  • ブログ
  • せどり
  • レンタル彼氏

こんなところです。

公務員ではできない副業にも興味があったため自衛隊を辞めたというのも理由としてあります。

副業によっては裏技的にやる方法もあるのですが、グレーにやりたくもなかったので、潔く辞めています。

後悔せずに自衛隊から転職をするためのポイント

コンパス

ここからはあなたの転職をより考えやすくするためのポイントを説明します

やりたいことを考えておく

あなたが自衛隊を辞めたあと、どんな生活を送っていきたいのかを簡単にでも考えておきましょう。

貯金が1,000万程あってしばらくニートをする。というのであれば別です。

しかし、「ただ自衛隊の生活がイヤだから退職する」といった感じで辞めるのはオススメしません。

なぜなら、今後転職をした先で自衛隊を辞めたのと同じ理由でイヤになる可能性があるからです。

  • なぜ自衛隊を辞めたいのか
  • どんなところをイヤと感じるのか

を深掘りして、あなたがやりたいことの方向性はなんとなくでも考えてみてください。

とはいえ、細かく決めすぎなくても大丈夫です

なんとなくやってみたいことがある。それだけでも十分だと思います。

なぜかというと、ボクもなんとなくコレやってみたい。という意識だけで転職したからです。

自分が本当にやりたいことは、実際に経験していく中で見つかるもの。

自衛隊以外のことを知らないのであれば(高等工科学校の生徒とか)、やりたいことが分からなくて当たり前です。

合わなかったときは次に興味があるものに手を出して、少しずつあなたの「こんなことしたい」に近づいていきましょう。

自衛隊にいるメリット・デメリットも考えて決断しよう

民間と自衛隊では違う部分は結構あります。

  • 貯金はしずらい
  • 福利厚生も会社による
  • ボーナスもなかったりする

詳しくはこちらの記事で紹介していますが、あなたの目的によっては自衛隊にいた方が良い可能性もあったりします。

自衛隊から転職する前にやっておけばよかったこと

過去の選択

転職したこと自体は後悔をしていませんが、転職する準備については少し後悔していることがあります。

プログラミングの勉強

ITも視野に入れておきながら、勉強したのは

  • FP
  • 簿記

この2つです。

お金を稼ぎたい気持ちが強かったので、お金の勉強は多少しましたが、肝心の仕事につながる勉強に関しては手薄でした。

当初は不動産の賃貸営業をしたので、FPの知識は少し使えましたが、本当に本当に少しです。

宅建とか勉強しておくべきだったと思います。

またWebデザイナーになるのであれば、デザインの勉強もですが、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

のように、簡単にでもWebで使うプログラミングの勉強もしておくべきでした。

自衛隊にいた頃は勉強時間の確保はできていたので、もったいなかったと感じています。

自己分析

自分のことを知っておくと、自分の活かせる業界や業種も考えやすくなります。

逆に、向いていないかな?という部分も分かるため、わざわざ身を置くリスクをとらずに済みますね。

自己分析という概念を持たなかったボクは、自分に合わない不動産の賃貸営業で体を壊し入院も経験しました。

いかに生活費を抑えるかの算段

計算機

隊舎で生活していたら、だれもが憧れる1人暮らし。ボクも例外ではありませんでした。

しかし、いまならはっきり言えます。

1人暮らしは、仕事が落ち着いてからで十分!

勢いのままに1人暮らしを始め、そのための家具家電を購入したボクは上で書いたように転職してすぐに入院しました。

結局、契約したての賃貸物件を3か月で解約して岩手の実家へ・・・。

いやほんとに笑えない。笑

意気込んで家具家電のために50万円以上使いましたが、ただただもったいなかったですね。

こうなることもあるってことです。

こんなことにならないために、対策は考えています。

それは、シェアハウスに住むことです。

それじゃ自衛隊と同じじゃん。と思うかもしれませんが、仕事が落ち着くまでの短い期間、もう少しだけガマンして最初は出費を抑えることをオススメします。

シェアハウスのメリットはこちらの記事で紹介しています。

みそ汁作らせてくれない?

簡単に書くと、

  • 初期費用がかなり少ない
  • 物件によっては、家具家電等がそろっている

という感じ。

シェアハウス歴3年のボクからすると、かなりオススメです。

やらない後悔よりもやって後悔という考え方もありますよ

決断

少しでも、挑戦してみたいことがあるのであれば、転職してみるのはアリだと思います

もし民間に転職してみて合わなくても、自衛隊に戻ることだって可能です。
※年齢制限はあると思うので、そこは要確認ですが。

それに自衛隊を辞めても死ぬことはありません。

ボク自身、転職を繰り返してきましたが、生きられています。

まとめ

自衛隊からの転職で後悔しないためには、下記の3点に気を付けましょう。

  • 方向性は考えておく
  • 方向性を決めたら準備をする
  • やりたいことがあるなら、行動する

この記事を書いていて、ボクは結構な量の失敗をしてきてるなと感じています。

同じようなミスをする人を少なくするためにも書いているので、ここまで読んでくださったあなたには、今後のことをよく考えてベストな選択をしてほしいです。

もし、転職で悩んでいること、迷っていることがあったら連絡をください。

少しでも力になることができたら嬉しいです。

それではっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です